不動産査定で失敗しないための注意ポイント

簡易査定と訪問査定の違いって何?


clcl118-s

 

一戸建てやマンション、土地など出来るだけ持っている不動産を高く売りたい。
そんなときは不動産会社で査定を依頼することができます。

 

不動産会社では不動産の売主と不動産の買主とを仲介することをお仕事の一つにしています。
仲介するためには不動産の価格を正確に把握することが必要なので不動産の査定を行っているのです。

 

不動産会社の査定の方法は主に簡易(机上)査定訪問査定の2種類があります。

 

簡易査定はあくまでも参考の不動産価格ですが、その地域の不動産相場に合った価格になっていることが多いです。

 

実際に売れる価格は現地で細かく調査しないと分からないので、そのときは訪問査定を利用します。
最近ではオンラインで簡易査定と訪問査定に申し込めるので不動産屋さんにお出かけすることがありません。

 

一社だけでは高く売れることが少ないのですが、複数の不動産会社に一括で査定を申し込めるサイトもあります。
複数の査定額を比べて一番高い不動産会社にご依頼すれば簡単に高く売ることができます。

 

比較するときは訪問査定ではなく簡易査定を選びましょう。

 

売却を決意されましたら、不動産会社との間で媒介契約を結びます。

 

すると不動産会社で出来るだけ早く買主が見つかるよう、インターネットやチラシ、街の看板などを使って買主を探します。

 

ご自身で買主を探し回ることが無いので簡単です。
あまり希望価格を上げすぎると買主が見つからず、下げ過ぎると早く見つかりますが安価で売ってしまう事になりかねません。

 

買主が見つかれば売買契約書を交わします。
抵当権の抹消手続き、固定資産税納付書・権利証・印鑑証明書などの書類が必要です。

 

固定資産税の清算、登記の申請、鍵の引渡しなどの手続きも必要です。

 

私は専属専任媒介契約で依頼しました

 

clpr046-s

 

私は去年自宅マンションを売却しました。

不動産を売却するのは初めての経験でした。

 

とりあえず不動産屋さんに相談しに行くのがいいことはわかっていたので、家の近くにある地元の不動産屋さんに売却をお願いすることにしました。

 

その時に知ったのですが、不動産の売却を依頼する際には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約という三つの契約方法があるそうです。

 

私は地元の不動産屋さんに専属専任媒介契約をお願いしました。

 

専属専任媒介契約というのは、ひとつの不動産屋さんとだけ契約し、他の不動産屋とは契約を結べないという依頼の仕方です。

 

またこの方法は、自分で見つけてきた買い手にも契約した不動産屋を通さなければ売ることが出来ません。

 

しかし、専属ということで、不動産屋さんはかなり力を入れて買い手を探してくれることが多いです。

 

二つ目の専任媒介契約とはほぼ一つ目の専属専任媒介契約と同じようなものなのですが、自分で見つけてきた買い手には直接売買することが出来るという契約方法です。

 

三つ目の一般媒介契約というのは一番ポピュラーな契約方法で、複数の不動産屋さんと契約をして買い手を見つけてもらう方法です。

自分で探して来た買い手には、直接売買できます。

 

広く浅く買い手を見つけるというやり方ですね。
どの契約方法が一番いいというのは人それぞれで、その時の状況にもよると思います。

 

また一番大事なことは、不動産屋さんとの信頼関係です。

不動産屋さんとよく話合った上で、どんな契約方法にするかを決めるというのがベストだと思います。

 

【マンションを売りたい人へ】高値で売却するにはどうすればいい?