不動産査定で失敗しないための注意ポイント

空き家は売却するか貸すのがオススメ

読了までの目安時間:約 2分

 


長い人生を送っていると、住んでいた家が空き家になるということがあります。

家族が引越しや結婚や上京などによっていなくなれば、家だけがポツンと残ってしまいます。

 

特に田舎ではその傾向が強く、その空き家をどうするかはとても重要です。

では、空き家をどう活用していくのが1番良いのでしょうか?

 

1番に思い浮かぶことは、やはり空き家の売却です。

不動産を売却すればそれなりの収入が期待できますし、維持に関わる煩わしい手間や費用を負担しなくて済みます。

 

空き家は最低限の手入れをしていないと住める状態を維持できませんので、それならば思い切って売却するというのが最も合理的な手段です。

ただ、売却するということは自分の手元からはなれるということですから、その覚悟だけはしておかなければなりません。

 

もしもそうして手放すことに抵抗のある場合は、空き家を貸していくという方法もあります。

たとえ中古であっても一軒家の人気は高く、入居者は意外とすんなり集まるはずです。

 

空き家を貸していればその分の家賃収入を手にすることができますし、自分の所有物であることに変わりはありませんから、いざとなったら家に戻ることができるというメリットもあります。

入居者が集まらなかったり、入居者とトラブルになるリスクはありますが、手放さすに活用するなら貸し出すのがベストです。

 

このように、空き家は売却するか貸すかのどちらかにだいたい分かれます。

空き家を放置するのはあまりメリットがないので、上手く活用することをオススメします。

 

不動産査定の事前知識   

この記事に関連する記事一覧