不動産査定で失敗しないための注意ポイント

賃貸アパートの良い物件の探し方

読了までの目安時間:約 2分

 


今はインターネットでも賃貸物件を探せる時代になったので、まずは自宅でネット検索をして、自分が希望する市の周辺の賃貸物件は、築年数と間取りの広さに応じていくらで貸し出しているかのおおよその金額を調べておけば、家賃の価格相場がわかります。

 

 

不動産屋に行って交渉となった時に、全く無知ではないので、相手の言うがままの物件を契約することを避けられるし、自分で意見を少しは言えるので、交渉において調べていないよりはマシな状況になるはずです。

 

たまに、実際の物件に足を運ぶのが面倒だから、時間がないからと内見をせずに決めてしまう人もいますが、足を運んで直接物件を目で見て判断しないと、見取り図や文字だけではわからないことがあるので、確認を怠らないようにすることは大切です。

 

 

事故物件を避けるために、この物件が良いと感じたら、インターネットに住所を打ち込んで検索し、過去に何かなかったかを調べておくことも大事です。

不動産屋に事故物件の告知義務は確かにありますが、それは事故物件入居者の1番手のみに告知しておけばいいそうなので、2番手・3番手の入居者に関しては、告知しなくても問題にはならないと聞いたことがあるからです。

 

不動産屋は相手がほぼ確実に断りそうな物件と、これなら多分断らないであろう物件を同時に勧め、自然と後者で契約できるように誘導すると聞いたことがあるので、2つか3つの種類の物件を勧められたら、他にいい物件をもっとピックアップしてほしいと伝えておくことで、良い物件の選択肢を増やすことも大切です。

 

不動産査定の事前知識   

この記事に関連する記事一覧