不動産査定で失敗しないための注意ポイント

初めてのマンション売却体験。専属専任媒介契約で依頼

読了までの目安時間:約 3分

 


私は専属専任媒介契約で依頼しました

 

clpr046-s

 

私は去年自宅マンションを売却しました。

不動産を売却するのは初めての経験でした。

 

とりあえず不動産屋さんに相談しに行くのがいいことはわかっていたので、家の近くにある地元の不動産屋さんに売却をお願いすることにしました。

 

その時に知ったのですが、不動産の売却を依頼する際には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約という三つの契約方法があるそうです。

 

私は地元の不動産屋さんに専属専任媒介契約をお願いしました。

 

専属専任媒介契約というのは、ひとつの不動産屋さんとだけ契約し、他の不動産屋とは契約を結べないという依頼の仕方です。

 

またこの方法は、自分で見つけてきた買い手にも契約した不動産屋を通さなければ売ることが出来ません。

 

しかし、専属ということで、不動産屋さんはかなり力を入れて買い手を探してくれることが多いです。

 

二つ目の専任媒介契約とはほぼ一つ目の専属専任媒介契約と同じようなものなのですが、自分で見つけてきた買い手には直接売買することが出来るという契約方法です。

 

三つ目の一般媒介契約というのは一番ポピュラーな契約方法で、複数の不動産屋さんと契約をして買い手を見つけてもらう方法です。

自分で探して来た買い手には、直接売買できます。

 

広く浅く買い手を見つけるというやり方ですね。
どの契約方法が一番いいというのは人それぞれで、その時の状況にもよると思います。

 

また一番大事なことは、不動産屋さんとの信頼関係だと思います。

不動産屋さんとよく話合った上で、どんな契約方法にするかを決めるというのがベストだと思いますね。

 

不動産売却の体験談