不動産査定で失敗しないための注意ポイント

イエイを利用して売却する持ち家の金額を査定してもらう2つのメリット

読了までの目安時間:約 2分

 


引越しをするためにに今まで住んでいた持ち家を売却する時は不動産一括査定サイトを利用する人が増えてきています。

不動産一括査定サイトもたくさん出てきていますが、その中でもイエイの評判が高い事で有名です。

 

それによりイエイを利用して売却する持ち家の金額を査定してもらう人が多いですが、どのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

 

・優良な不動産会社だけが登録している

 

不動産一括査定サイトによって登録している不動産会社が異なりますが、イエイは評判が悪くてクレームが多い不動産会社は契約解除をするようにしています。

それによりイエイに登録しているのは優良な不動産会社ばかりなので安心して売却する持ち家の金額を査定してもらえる事が出来ます。

 

また優良な不動産会社に売却する持ち家の金額を査定してもらえるとトラブルになる事がほとんどありません。

 

・サポート体制が充実している

 

不動産一括サイトを利用する時は不明な点が出てくる事が多いのでサポートが必要な場合が出てきます。

不動産一括査定サイトによってはサポートをしてもらえる時間が限定されてしまいますが、イエイは24時間いつでもサポートしてくれる体制を整えているので緊急の時でもしっかり対応してくれます。

 

また対応してくれる時も良心的なのでサポートをしてもらいやすいです。

サポート体制が充実しているのもイエイを利用するメリットになります。

 

イエイを利用して売却する持ち家の金額を査定してもらうメリットはこのようにあるので不動産一括査定サイトの利用を検討している人はイエイを選んでみるといいでしょう。

 

不動産査定の事前知識   

投資を始めるならばライトコイン。

読了までの目安時間:約 3分

 


ビットコインならば聞いた事があるけれど、最近になってライトコインも聞く様になっている人も多いと思います。

しかしライトコインってどんな風になっているの?と思って人も少なくないのも事実です。

 

そこで、今回は投資を始めたい女性がライトコインが分るようにレポします。

まず、ライトコインもビットコイン同様で仮想通貨です。同じ仮想通貨でもみな特徴を持っているのです。

 

まず、ライトコインは決済用の仮想通貨なのです。

記録を主に機能としたものではないので、ビットコインと同じで、取引の時にお金の変わりに利用される目的で作成がされたのです。

 

オープンな仮想通貨を管理する団体でもなく、組織でもないので、ビットコイン同様で不特定多数のマイナーがいるので、参加者がライトコインのブロックチェーンというものを作成していきます。

仕様変更、お参加する人の同意で行われるので、政府や中央管理などの意向には左右されない貨幣なのです。

 

またライトコインは現在は時価総額が第四位にいるので、今後はまだまだ伸びる可能性がある仮想通貨だとも言われてます。

ライトコインはビットコインよりも早く取引が完了される設計になっているので、素早い取引を望む人はライトコインが適していると思います。

 

ライトコインが優れている点は、スピード取引だけはありません。

 

ビットコイン発行総量が2100万ビットコインと決められていますが、ライトコインはビットコイン総量よりも多い、8400万ライトコインなので、市場に出回る量がが多く活発な取引が期待できるので、初心者や女性で仮想通貨について勉強はじめてスタート切りたい方にはライトコインがお勧めの仮想通貨だと言えそうです。

 

不動産査定の事前知識   

レオパレス21は良い会社ですが、壁が薄い物件が多いという弱みがあります

読了までの目安時間:約 3分

 


レオパレス21は普通のアパートと違うところは、中に家具や家電があるので、身一つで引っ越しすることができる点です。

そのかわり、普通のアパートに住むより家賃が高くなるので、出来るだけ家賃を安くしたいなら、あまり向いていない場所だと言えます。

 

同業他社(ウィークリーマンションを貸している会社のことです)との違いとしては、レオパレスの場合、この業界の大手なので知名度があり、安心して契約できることと、頻繁にキャンペーンをやっているので、お得に契約することができることです。

早めに契約したりすることでキャンペーンの対象になり、契約金などが割り引かれます。

 

ウィークリーマンションはアパートより家賃が高めなので、こういうキャンペーンを出来るだけ使って、お得に部屋を借りるのがいいでしょう。

なので、同業他社で部屋を借りるよりは、レオパレス21で部屋を借りたほうがいいですが、このレオパレス21にはひとつだけ弱点があります。

 

それは、隣室との壁が薄いことです。

普通のアパートと比べてもかなり壁が薄いので、隣の部屋の物音(テレビの音声など)がよく聞こえます。

 

物件によってはそうでもない所もありますが、壁が薄い物件の方が多いので、ここで部屋を借りるなら、出来るだけ壁が厚めの物件にしておくか、いっそ音のうるささについては諦めたほうがいいでしょう。

 

これらのまとめると、レオパレス21の強みは中に家具などがあるので、そのまま生活できること、キャンペーンを使えば少しお得に部屋を借りることができること、有名な会社なので安心して部屋を借りられること、弱みは壁が薄いことです。

 

壁が薄いということを気にしないなら、ここで部屋を借りるのがよいでしょう。

 

不動産査定の事前知識   

賃貸アパートの良い物件の探し方

読了までの目安時間:約 2分

 


今はインターネットでも賃貸物件を探せる時代になったので、まずは自宅でネット検索をして、自分が希望する市の周辺の賃貸物件は、築年数と間取りの広さに応じていくらで貸し出しているかのおおよその金額を調べておけば、家賃の価格相場がわかります。

 

 

不動産屋に行って交渉となった時に、全く無知ではないので、相手の言うがままの物件を契約することを避けられるし、自分で意見を少しは言えるので、交渉において調べていないよりはマシな状況になるはずです。

 

たまに、実際の物件に足を運ぶのが面倒だから、時間がないからと内見をせずに決めてしまう人もいますが、足を運んで直接物件を目で見て判断しないと、見取り図や文字だけではわからないことがあるので、確認を怠らないようにすることは大切です。

 

 

事故物件を避けるために、この物件が良いと感じたら、インターネットに住所を打ち込んで検索し、過去に何かなかったかを調べておくことも大事です。

不動産屋に事故物件の告知義務は確かにありますが、それは事故物件入居者の1番手のみに告知しておけばいいそうなので、2番手・3番手の入居者に関しては、告知しなくても問題にはならないと聞いたことがあるからです。

 

不動産屋は相手がほぼ確実に断りそうな物件と、これなら多分断らないであろう物件を同時に勧め、自然と後者で契約できるように誘導すると聞いたことがあるので、2つか3つの種類の物件を勧められたら、他にいい物件をもっとピックアップしてほしいと伝えておくことで、良い物件の選択肢を増やすことも大切です。

 

不動産査定の事前知識   

不動産屋を見極めるためのポイント2つ

読了までの目安時間:約 2分

 


誰しもが不動産を手放す時高値にて売りたいと考えるハズです。
不動産を少しでも高く売る為には売却する不動産屋が大きな決め手になってきます。そんな不動産屋を見極めるためのポイントを掲載していきます。

 

まず不動産屋の見込み客層の情報を知っておく点です。
多々ある不動産屋によって売却価格は異なります。

 

すぐに購入客が見つかるようであれば高値が付きますが、なかなか購入客が付かないと判断されれば当然価値も下がってしまいます。

その為、不動産の過去の実績をある程度把握する事が大切となってきます。その不動産屋を使用した事がある経験者や不動産屋からの過去実績の1部を公開してもらう事が高値にて売却するポイントとなってきます。

 

次に不動産が置かれている環境の利便性を強くアピールする事です。
不動産を購入する上で最も大事な事はその土地の利便性です。
学校や病院、商業施設等が家の近くにあるのかが購入者にとって大事な事となっています。

 

いくら不動産事態の建築年数が少なくても郊外にあり、車での移動が不可欠となるような場所では家屋その物の価値も低価格になってしまいます。
その為、不動産の置かれている環境において生活する上で必要不可欠となっている点のメリットをアピールする事で価格にも反映されてきます。

 

不動産売却の価格においては業者の考え1つで如何様にも変わってきます。

まず住む上でこんなにも利便性が高い事を強くアピールする事が高値にて売却出来る方法となってきます。

 

不動産査定の事前知識   

空き家は売却するか貸すのがオススメ

読了までの目安時間:約 2分

 


長い人生を送っていると、住んでいた家が空き家になるということがあります。

家族が引越しや結婚や上京などによっていなくなれば、家だけがポツンと残ってしまいます。

 

特に田舎ではその傾向が強く、その空き家をどうするかはとても重要です。

では、空き家をどう活用していくのが1番良いのでしょうか?

 

1番に思い浮かぶことは、やはり空き家の売却です。

不動産を売却すればそれなりの収入が期待できますし、維持に関わる煩わしい手間や費用を負担しなくて済みます。

 

空き家は最低限の手入れをしていないと住める状態を維持できませんので、それならば思い切って売却するというのが最も合理的な手段です。

ただ、売却するということは自分の手元からはなれるということですから、その覚悟だけはしておかなければなりません。

 

もしもそうして手放すことに抵抗のある場合は、空き家を貸していくという方法もあります。

たとえ中古であっても一軒家の人気は高く、入居者は意外とすんなり集まるはずです。

 

空き家を貸していればその分の家賃収入を手にすることができますし、自分の所有物であることに変わりはありませんから、いざとなったら家に戻ることができるというメリットもあります。

入居者が集まらなかったり、入居者とトラブルになるリスクはありますが、手放さすに活用するなら貸し出すのがベストです。

 

このように、空き家は売却するか貸すかのどちらかにだいたい分かれます。

空き家を放置するのはあまりメリットがないので、上手く活用することをオススメします。

 

不動産査定の事前知識