不動産査定で失敗しないための注意ポイント

不動産の一括査定サービス利用の前に確認しておくこと

読了までの目安時間:約 2分

 


持ち家やマンションを売却したい場合に、まずは流れを知っておいた方が良いでしょう。

 

不動産売却時には査定、売却、引渡しの流れを取る事になりますが、不動産業者に査定依頼として一括査定サービスを利用する事で、高値で売却出来そうな業者を選ぶ事も可能になっています。

しかし査定に出す前にまずは市場相場を自分なりに知っておく事が望ましいです。

 

不動産の価値に関しては素人が判断するのは難しく、専門知識を持った業者の意見を取り入れながら売却価格の設定を行いますが、相手の言い値がどういうものなのか、相場価格を知らないと何を基準にして判断していけば良いかは解らなくなります。

 

まずは自分なりに相場を知って、その後に一括査定等で申込みをして、信用出来る不動産業者を見つける事が出来れば、納得の行く売却を行いやすくなります。

業者を選択して、一緒に売却価格設定を行い、買い手が見つからない場合は値段の見直しも必要になります。

 

一括査定で見積りを取り、最も高く売却出来そうな業者をいきなり決めてしまわずに、実際に業者の担当者と会って話をしたり、インターネットを使って評判等の情報収集をしたりして、信用出来る方を選ぶようにしましょう。

 

信用出来る方と契約する事が出来れば、上手く売却活動を行ってもらえます。

キチンと報告等もしてくれますから、こちら側が専門知識が無いからと上から目線で来るような業者は選ばずに、素人目線に降りて納得の行く説明が出来る業者を選択する事が望ましいです。

 

不動産査定の事前知識   

高値売却は値段交渉ができるかどうかがポイント

読了までの目安時間:約 2分

 


ilm2007_02_0126-s

 

マンションを高値で売却するためには、複数の業者に査定依頼を提出することが必要です。

 

その上で値段交渉ができるかどうかが鍵となります。

複数の業者に査定を貰う理由は、本当に売却したい業者に買い値を増やしてもらうためです。

 

1社からのみ査定を貰うと、こうしたことができなくなります。

値段を上げたいと思っても、その査定はどの業者が提示したものか聞かれた時点でつり上げはできません。

 

しかし複数の業者から査定を貰うことで、その証拠を手に入れることができます。

 

あの業者はもっと高く買い取ると言っていましたが」と交渉し、ちょっとでも買い値を引き上げるように仕向けるのが一番のポイントになります。

 

まずは査定してくれる業者を複数探していください。

業者はインターネットに沢山あると思うので、3社くらいはピックアップすると簡単につり上げができます。

 

後は部屋の状態を綺麗にすることも考えてください。

汚い部屋だと査定が減額されてしまいます。

 

使っていないようであれば掃除を行い、汚れが目立つ所は綺麗にしておきましょう。

これだけで買取価格が高くなりますから、買い叩かれる心配はありません。

 

査定を貰う際には、買取業者の対応力も見ておくことが重要です。

対応の悪い業者に売ってもいいことはありません。

 

柔軟に対応してくれそうな業者を探し、査定をつり上げるための交渉をしてください。

上手くまとまれば、相場以上の買取価格を実現することもできます。

 

不動産査定の事前知識   

大手の不動産屋に依頼するメリット

読了までの目安時間:約 3分

 


●不動産の売却は大手企業の不動産屋さんに任せるのが一番

 

ilm2007_04_0134-s

 

不動産を売却する際に重要なポイントは、売りたいと思う物件がある地域の不動産屋さん探しです。

 

ある程度の都心にある物件だと、大手の不動産屋さんに頼むと売却から司法書士の先生の紹介、税金の事といった風にトータル的にフォローしてもらえます。

 

大手だとよく自分の会社が扱っている物件を新聞広告のチラシに載せたりする事も多いので、そういった面から見ても迅速に売却が進められるのです。

 

さらに大手不動産屋さんは銀行業や保険業もグループとして経営している場合が多いので、売却後のお金の預け先も簡単に手続きする事が可能です。

 

そしてたくさんの不動産売買を経験しているベテランスタッフもしっかり揃えているので、何かと安心出来るのです。

もし売却したい物件が田舎にある場合は、その地元で長年経営している評判の良い不動産屋さんに全てを任せるのが一番です。

 

長年その土地に根付いている不動産屋さんだと土地を買いたいと願っている人の情報等たくさん持っているので、意外と早く売れたりします。

どちらにしても売却から必要書類の手続きの手順、司法書士の確保まで全て不動産屋さんに任せるのが一番です。

 

不動産屋さんが紹介した司法書士の先生の方が、以前にもきっとその不動産屋さんと取引を繰り返している可能性が高いので安心して手続きを進める事が出来るし、何よりも話がまとまりやすいのです。

どちらにしても、まず適切な不動産屋さん選びをするのが一番です。

 

ポイントとなるのが長年その土地で不動産業を営んでいるかどうか、会社の規模、スタッフの対応等です。

 

あとは全てお任せ出来るから、あなたが思っている以上に不動産の売却は難しくないのでした。

 

不動産査定の事前知識   

家を売りに出してから買い手が決まるまでの目安は2ヶ月~6ヶ月

読了までの目安時間:約 3分

 


●自宅を売却するには不動産一括査定のサービスを利用すると便利

 

ilm16_aa02063-s (1)

 

自宅を売却するためには、まず自分の家の価値がどのくらいあるかを調べる必要があります。

 

地元の不動産をあつかっている不動産屋に、自分が住んでいる地域で同じくらいの大きさの家がどのくらいで売買されているかを聞いてみるという方法で価格を知る事ができます。

 

また適当な情報が得られない場合には、不動産の価値を見積もってくれるサイトを利用する方法もあります。

 

このようなサイトでは複数の不動産会社から見積もりを取ることができます。

高く自分の家を販売してくれる会社がどこかも知る事ができるので、改めて不動産販売会社を探す手間がはぶけて便利です。

 

幾つか候補となる不動産会社を見つけたら、実際に家に来てもらって査定をしてもらいます。

この時に自分の条件にあった不動産会社を選び、売買を依頼すればよいのです。

 

不動産会社を選ぶ際は価格の面だけではなく、売却に関しての希望を良く聞いてくれるか、信頼できる不動産会社かなどを良く見て決めましょう。

 

依頼した不動産会社が買い手の募集活動をするので、買い手が見つかったら改めて売買契約を結び家を売却するという流れになります。

 

この間家には購入希望者が見学に訪れます。

掃除をきちんとして清潔にしておくことや、住みやすい印象を与えると、より早く家を売る事ができます。

 

家を売りに出してから買い手が決まるまでには、平均して2ヶ月から6ヶ月かかると想定しておきましょう。

 

新しい家に移る時期から逆算して、家の売却時期を考える必要があります。

家の売却を急ぐ場合には、相場より安く価格設定する事が多いので、できるだけ高く家を売りたい場合には余裕をもって売りに出す事が必要です。

 

不動産査定の事前知識   

不動産売却には簡易(机上)査定と訪問査定の2種類があることをご存知ですか?

読了までの目安時間:約 3分

 


簡易査定と訪問査定の違いって何?

 

clcl118-s

 

一戸建てやマンション、土地など出来るだけ持っている不動産を高く売りたい。
そんなときは不動産会社で査定を依頼することができます。

 

不動産会社では不動産の売主と不動産の買主とを仲介することをお仕事の一つにしています。
仲介するためには不動産の価格を正確に把握することが必要なので不動産の査定を行っているのです。

 

不動産会社の査定の方法は主に簡易(机上)査定訪問査定の2種類があります。

 

簡易査定はあくまでも参考の不動産価格ですが、その地域の不動産相場に合った価格になっていることが多いです。

 

実際に売れる価格は現地で細かく調査しないと分からないので、そのときは訪問査定を利用します。
最近ではオンラインで簡易査定と訪問査定に申し込めるので不動産屋さんにお出かけすることがありません。

 

一社だけでは高く売れることが少ないのですが、複数の不動産会社に一括で査定を申し込めるサイトもあります。
複数の査定額を比べて一番高い不動産会社にご依頼すれば簡単に高く売ることができます。

 

比較するときは訪問査定ではなく簡易査定を選びましょう。

 

売却を決意されましたら、不動産会社との間で媒介契約を結びます。

 

すると不動産会社で出来るだけ早く買主が見つかるよう、インターネットやチラシ、街の看板などを使って買主を探します。

 

ご自身で買主を探し回ることが無いので簡単です。
あまり希望価格を上げすぎると買主が見つからず、下げ過ぎると早く見つかりますが安価で売ってしまう事になりかねません。

 

買主が見つかれば売買契約書を交わします。
抵当権の抹消手続き、固定資産税納付書・権利証・印鑑証明書などの書類が必要です。

 

固定資産税の清算、登記の申請、鍵の引渡しなどの手続きも必要です。

 

不動産査定の事前知識   

近所に大型ショッピングセンターや公園が新設されると不動産価値が上がる

読了までの目安時間:約 3分

 


●損をしない不動産売却の手順と不動産屋探し

 

idt080b-s

 

不動産を売却する機会は人生の中で一度あるかないかというのが一般的です。

そのため不動産売却の経験がないと交渉や手続きが後手に回ってしまい、結果として損をしたということになりかねません。

 

まず不動産の売却を始める前に相場を知る必要があります。

 

以前、購入した時に調査をしていたとしても「近所に大型ショッピングセンターや公園が新設されたことによって、大幅に価値が上昇している」というケースもあります。

 

たとえば不動産屋に表示されている近所の物件の金額を参考にしたり、ウェブサイト上にある不動産一括査定サイトに申し込んだりします。

無料で利用できるのであれば出費を最小限にするためにもフル活用していきます。

 

ここで提示される金額は最終的なものではないですし、物件の瑕疵なども考慮されていませんのであくまで参考に留めますが、複数の不動産会社が近い金額を提示したのであれば相場と言えます。

 

次に不動産屋を探す段階に入りまして、ここから売却完了まで長い道のりとなりますので信頼のおける担当者を見つけることが大切です。

そして訪問見積もりという形で査定を依頼し、評価に納得すれば媒介契約を結ぶことになります。

 

大手の不動産会社であれば、この時点で買取ってくれることもありますし、買い手が見つかるまで仲介を続けてもらうということもあります。

 

物件を広告に出すなどをして購入希望者が見つかれば、具体的な交渉に入るのですが重要事項説明といって物件の詳細を伝達しなければならないので、物件調査はあらかじめ済ませておきます。

 

その後、売買契約が成立すると入金を確認した後に所有権の移転などの登記申請を済ませ全ての手続が完了となります。

 

不動産査定の事前知識