不動産査定で失敗しないための注意ポイント

不動産は土地の方角、形状、インフラ関係等の影響で価値が変動する

読了までの目安時間:約 3分

 


ilm2007_04_0191-s (1)

 

不動産売却を行う時に、不動産の値段というものは非常に大きなポイントになります。

 

不動産というものは全く相違が無いものはありませんから、似たような物件、土地でも値段には差が出てきます。

 

売却を検討した時は、業者に査定依頼をして、売却を行い、契約後に引き渡すという事になりますが、不動産の価格というものがどうやって決まっていくのかは、初めて不動産を売却する方には気になる所です。

 

同じような地域や土地、建物でも、土地の方角、形状、インフラ関係等の周りの影響からも価値は変わってきます。

 

マンションや家でも使い方や窓の位置等によっても値段が変わってくるので、市場相場というおおまかなものはありますが、不動産は立地条件や物件そのものを考慮して様々な角度から検討されて決まっていきます。

 

もちろん時期によっても変わってきますし、相場は常に変わっているので、売却に出すタイミングによっては全く値段が違ってきます。

 

漠然と不動産業者に丸投げするのではなく、売り手本人も市場相場の変動には気をつける必要があり、自分の納得のいく時期に売り出していくのが望ましいです。

 

相場を知らずに売却を行ってもあとで後悔しますし、トラブルの元です。
相場も解らずでは不動産業者と価格決定する時に何の基準も持てずに交渉も出来ないですし、相場変動によって売るべきではない時期というものはありますから、不動産売却を行う時は情報収集が重要です。

 

業者を選択して仲介してもらえば後は解らない事は教えてもらえるので慣れていけば何の問題もなく売却出来るでしょう。

ただ、相場変動というものは自分で敏感になり掴んでいかないと非常に損をするので、常にアンテナを張っておきましょう。

 

今はインターネットの力も利用出来るので、昔と比べて情報収集しやすいですからどんどん活用して、相場を知って売却時期を考えて信頼出来る不動産業者の仲介のもと売却を成功させましょう。

 

不動産査定の事前知識   

不動産初心者の方へ。より高く買い取ってもらうポイント

読了までの目安時間:約 3分

 


ilm16_aa02071-s

 

初めてのご自分の住んでいる土地や住居を売ろうと思ったら、どのような手続きをすればよいのかなど不安がつきません。

 

この先の生活にできればうるおいがあるほうがよいので、より高い額で買い取ってもらうほうが勿論よいです。

 

そんな不動産初心者の方へ、長年生活していた土地を売却した経験のある私からアドバイスをするとしたら、まず第一に「住居・土地は受け取った人が笑顔で大満足するくらいの状態に整えてから売りに出す」です。

 

フリーマーケットなどに参加されたことがある方は経験があるかもしれませんが、同じ似たような車のおもちゃであっても、片方はクレヨンの落書き跡が残っている。

しかし、もう片方は汚れが見当たらない。

 

この二つであれば、お客さんが寄ってくるのは間違いなく後者のほうです。

 

誰かがこれまでに使用していたことを了承した上で購入するのですから、それならば「なるべく誰かが使っていた形跡がなくできるだけ状態のよいものを購入したい」と思うのが利用者の心理です。

 

これはフリーマーケットなどに限らず、土地や住宅などの不動産関係においても同じことが言えます。
実際に、土地を売り出す際に売り出す前に住宅や土地の状態をもとに基本的な相場を決めることが多いのですが、そのとき大きなポイントになるのは土地の形状や高低さなどです。

 

道路に面している部分のほうが土地が広いかどうか、全体の土地の形状は生活のしやすい正方形に近い形をしているかどうかなどがよくチェックされるポイントです。

 

自分が今の土地を新たに購入する側の立場だと頭の中でイメージしてみて、どういう土地・住宅だったら購入したいと思うだろうと考えてみてください。

 

買い取り手目線になってみることで、より修正点が見つかります。

 

そこを直すことでより高額であなたの満足のいく金額を手にすることができます。

 

不動産査定の事前知識   

不動産売買では購入希望者が出ると買付証明書が提示されます

読了までの目安時間:約 3分

 


●不動産を売る時の流れや注意事項

 

ilm22_bc09030-s

 

消費税の増税を目前にして、にわかに住宅を購入しようという人が増え、現在は不動産を売るにはまさにうってつけの時期だと言えるでしょう。

 

しかし不動産の売買はとても大きな金額を扱うことになりますから、僅かな売り方の差一つで何十万何百万という差が付いてしまいます。

 

売りたい不動産を不動産業者に見積もりを出した時、提示された金額が高いか安いかは、まずその不動産の価値を知っておかなければ分かりませんから、複数の業者に見積もりを出す等して、出来るだけ正確にその不動産の市場価格の相場を割り出す必要があるでしょう。

 

依頼したい不動産業者が見つかったらその業者と媒介契約を結びます。
この媒介契約は依頼する条件等を決める物なので、内容はしっかりと頭に入れておく必要があります。

 

これを終えると売買の手続きに入りますが、その前に売買に掛かる手数料や権利の確認はしっかり行っていた方が良いでしょう。
そして上記の事項を総合的に考慮して、売却価格を決めます。

 

それが決まると家は売り出され、購入を検討する人の目にも留まることになりますから、家の外側、内側共に悪い印象を与えない様、準備しておくことが大事です。

 

購入希望者が出ると、売買の条件等が記された買付証明書が提示されるので、売り主はそれを見て購入希望者と条件を交渉しながら売却を決定するかどうか決める事になります。

 

売却を決定し、相手に引き渡しを行うまでは様々な手続きや準備をすることになりますが、それらを全て素人が把握して完全に行うのは難しいので、その辺りは不動産業者や専門家の力を借りるのが良いでしょう。

 

不動産査定の事前知識   

不動産業者は地元エリアに詳しい会社を選ぶべし!

読了までの目安時間:約 3分

 


●不動産売却を行う時の会社の選び方

 

ilm22_ba03012-s

 

不動産の売却を検討したときには、不動産会社を選ぶことから始める必要があります。

 

まず、不動産会社を選んでいく時には、そのエリアに詳しい会社を選んでみるとよいでしょう。
不動産会社によって、得意としているエリアは違ってくるのですが、住んでいるエリアに詳しい会社にお願いすることにより、希望する価格で売却できるようになってくるのです。

 

会社をさがしているときには、この点について確認しておくとよいでしょう。

 

また、不動産会社にお願いする時には、売却できるまでの期間についてもチェックしておくとよいです。
不動産の値段は、時間がたつにつれて変わってきますし、一番よい時に売却する必要があります。

 

人によって抱えている事情は違ってきますので、できるだけ早く売却をしたいと希望される方もいます。
この場合、売却をスムーズに行ってくれる不動産会社ですと、希望する期間までに売ることもできます。

 

特に、売るまでの期間についてのこだわりを持っているときには、実際に売却できるまでの期間についても確認しておくと安心です。

 

他にも、不動産会社の実績についても重要になってきます。

 

たくさんの不動産売却を行っている会社であれば、様々なノウハウを持っていますし、希望する値段に近い形で売却してもらえる可能性が高くなってきます。

 

このように、実績の豊富な会社にお願いすることにより、安心して任せることができますので、必ず実績の豊富さについてもチェックしておきましょう。

 

このような点について確認することで、不動産を納得して売却できるようになってくるのです。

 

不動産査定の事前知識   

不動産売却条件の交渉で注意しておきたいこと

読了までの目安時間:約 3分

 


ilm2007_02_0126-s

 

人間、様々な事情で今住んでいる家を手放さなくてはならない場合があります。

 

たとえば、転勤、ライフスタイルの変化、住んでいる家が古くなったなどなど。

こういった事情で不動産を売ろうと思っている人もいると思います。ただ、不動産を売る機会はそれほど多くないですよね。

 

だからどうやって売ったらいいかわからない人も多いと思います。

そこで不動産を売るための流れを簡単に紹介します。

 

まず不動産を売るためには自分でで売却物件の購入者を探すか、不動産会社に依頼する必要があります。

自分でやるのにはかなり専門知識がいるので、不動産会社に依頼するのが普通です。

 

そしてこの不動産会社選びがとても重要です。

 

なぜなら不動産会社によって売却額や手数料に開きがあるからです。

 

まず、信頼できそうな不動産会社をいくつか選んで実際に見積もりと手数料を出してもらいましょう。

そうすることである程度自分が売却する物件の相場がわかるようになります。

 

1社だけで決めるのは危険なのでやめておきましょう。

 

その後、売却する不動産会社を決めたら媒介契約を結んで実際に物件を売り出してもらいます。

売り出すときの料金については、自分の希望額や不動産会社の査定額、地域の相場などから慎重に決める必要があります。

 

そうでないと、いつまでたっても売れない状況になってしまいかねないからです。

 

その後、購入希望者が現れたら売却条件を交渉していきます。

 

このときに注意しておきたいことは物件について詳細を購入希望者に包み隠さずに開示することです。

 

ここで情報提供がおろそかになると後々トラブルになって購入破棄になるケースもあります。

 

購入希望者が納得して購入を決めたらあとは売買契約を結んで不動産を引渡し、完了となります。

 

ここまでが不動産売却までの簡単な流れになります。

不動産を売る場合には、不動産会社選びがとても重要になるのです。

 

不動産査定の事前知識   

初めて不動産を売却される主婦の方へ

読了までの目安時間:約 3分

 


phm19_0889-s

 

不動産の売却をこれから初めてされる予定の主婦の方、あるいは今後そういった事を経験されるかもしれない方も、不動産を売却する際のポイントについてしっかりと学んでおきましょう。

 

でないと不動産の売却というのはかなり高額になるので、逆に言えば失敗してしまった時には相当な額の差が出てしまいます。

 

では不動産を売却する際にまず何をすれば良いか、それは何と言っても情報収集です。

 

かつて今ほどインターネットが普及していなかった頃は、一般の方がそういった情報収集をしようとしても、なかなか情報が集まりませんでした。

 

しかし最近はインターネットが普及したおかげで、不動産の情報もかなり集めやすくなりました。

 

従いまして、まずは「インターネットをしっかりと活用する」事を抑えておきましょう。

 

さてその上でではどうやって不動産を売却すれば良いのかという事ですが、まずは仲介業者を探しましょう。

 

大体多くの方は不動産業者に依頼されます。

その際には無料で査定して下さる所がほとんどですが、「必ず複数の業者に依頼」されて下さい。

 

その後納得できる仲介業者が決まったら媒介契約を結んで、今お持ちの不動産の売却の具体的な手続きなどを、その業者に依頼します。

 

ちなみに媒介契約は色々種類があって、複数の業者に依頼する事も可能です。

 

その契約後に、ではいくらで売却するかを決めます。

この際には売主の方が希望される額でも良いですし、業者の方に査定して頂いた額でも大丈夫です。

 

あるいは話し合って決めるのもできます。

 

そして最終的に購入希望者が現れれば、売買契約を結んで引き渡しの手続きを行います。

以上が不動産売却の主な内容です。

 

不動産査定の事前知識