不動産査定で失敗しないための注意ポイント

初心者に勧める方法とお勧めの企業

読了までの目安時間:約 2分

 


初めに電力自由化は、これまで自由に選べることができなかった電力会社を2016年4月から新たに自由に電力会社を選べるようになりました。

現在では、多くの新規参入企業が増えて、様々なプランも登場しているので自分に合った電力会社を見つけることができます。

 

しかし、あまりにも多くの企業が電力事業に参入しているためどの企業やプランを契約すれば良いのかわからなくなっている人が多く感じます。

そこで私が一番お勧めする方法は、電力比較サイトを利用することです。

 

電力比較サイトとは、自分が住んでいる地域の郵便番号や世帯人数などの詳細を入力するだけで、自分に合った会社を紹介してくれるので魅力的だと思います。

どの程度の金額が安くなることや加入条件など掲載されているのでわかりやすいと思います。

 

電力比較サイトでは、電力自由化があまりわからない初心者向きになっているのでお勧めです。

 

私は多くの新規参入企業を見てきましたが、私がお勧めする企業としては、ソフトバンクでんきです。

ソフトバンクでんきは、一人暮らし向けのスタンダードプランや3人程度のバリュープランなどがあり、さらに自宅のインターネットと携帯電話をセットで契約すると安くなるプランなど魅力的なプランが多いです。

 

またTポイントも貯まるのでお得感が満載です。

電力自由化は、電気代が安くなり素晴らしい制度ですが、まだ始まったばかりになるため関東地区や関西地区などは充実していますが、それ以外の地域はまだ魅力的な制度にはなっていないように感じます。

 

物件選びと引越しのコツ   

究極の選択!マンションはかりる?買う?

読了までの目安時間:約 4分

 


マンションに住むにあたって、1番の問題は買うべきか?借りるべきか?

マンション購入を考えると、何千万円もの大金が一気に消えていくイメージですが、実際には住宅ローンを組むことができるので、毎月かかってくるローン返済を考えると月の家賃に相当するのでは?というところです。

 

分譲マンションだと管理費や駐車場代等が月々かかってきます。これが意外に都内だと大金なので家賃にプラスを考えるともったいないと思ってしまいます。

しかしながら、家賃を払うのであればローンで分譲マンションを購入してしまった方が…と思うかたも多いはずです。

 

実は分譲マンションを35年ローンで組んだ場合、金利を含めて、35年賃貸で借りたものと同じくらい費用がかかるといいます。

自分の物として所有するという魅力はありますが、決して安くない固定資産税もかかってきます。

 

物件的にこの先価格が上がりそうな物件であれば購入してももとがとれたりするかもしれませんが、あまり場所的にも建物的にもよい条件でなければ意味が見いだせないかもしれません。

しかしながら賃貸物件は気楽に近所付き合いが嫌で引っ越してしまうことができる一方好きにカスタマイズしたり、壁に穴を開けたりができません。

使い方が酷ければそのぶん不要な費用がかかってしまいます。

 

この辺りを色々と総合して、尚且つ自分の年齢などを考えてから購入するか賃貸にするかを決定するのが1番良いかもしれません。

最終的には自分の好みになります。

 

都会ではマンションは購入よりも賃貸な理由

 

バブル経済の崩壊によって不動産神話は完全に崩れ去りました。日本においては不動産の値段は下がることはないということをまだ信じている人はほとんどいないでしょう。国土交通省が発表する不動産についての価格も値下がりの率が少なくなってきたということではありますが、全国的には下がり続けています。

 

少子高齢化によって人口の減少が続いていくことが確実視される現在においては不動産価格が上昇よりも下落する可能性の方が高いでしょう。一部の都心部では不動産価格の上昇も始まっていますが、どこまで続くのかはわかりません。少子高齢化によってむしろ都会への人口の集中化が始まっているということはますます地方の不動産価格が下がる可能性が高いということを示唆しています。

 

このような状況であれば都心部のマンションでは購入しても資産価格がある一定の価格が保持されていますが、不動産価格の下落が止まらない地方においては購入することはリスクが高いといっていいでしょう。

 

都会においても不動産価格の維持がどこまで保たれるかはわからない状態ですから、マンション購入の大きなメリットである資産としてのマンション価格は大きな下落リスクに直面している状態が続いていると言えます。マンションを購入して購入代金の元がとれるまで住み続けて、資産としてのマンションにはあまり興味がないという人でなければ、不動産価格の大きな下落が起こるまでは賃貸で様子を見るという形がいいのではないでしょうか。

 

 

物件選びと引越しのコツ   

経験から学ぶマンション売却についてのあれこれ

読了までの目安時間:約 3分

 


特別な事情が無い限りそう何度も経験する事の無いマンション売却ですが、実際に経験して改めて考えるポイントを数点纏めてみました。

 

まず始めに、業者選びの重要性です。

大きな金額の動く事ですから即決という訳で無く見積もりを依頼し査定額諸々踏まえて検討する事となりますが、この時には必ず一社で無く名の知れた業者数社と地域に根差した業者からも話を聞いてみるべきです。

 

不動産売却における査定額とはお住まいのマンションの実際の価格というよりは、業者がその物件を大体いくらで売れるだろうという見積もりでしかありません。

従って業者毎にその価格が異なる事は少なくありませんし、その差が数百万単位になるという場合もあります。

 

相手も仕事ですから、即交渉成立という訳で無く慎重に見比べましょう。

 

次に肝心の業者についてですが、これは売りに出したい物件の状況によっても業者選びのポイントが異なります。

まだローンの支払いが残っている物件の売却の場合はそういった事に詳しい資格を持つ人間が在籍している業者が親切ですし、そうでない買い替えの場合も資金面で不安があればこういった件に強い資格も存在します。自分がどういう状況でどんな物件を売却しようとしているのかを知りそれを説明が出来る状態で、それぞれに合った業者を見極める事が重要です。

 

最後に、住居を清潔な状態に保ちましょう。

当然のことながら買い手のつかない不動産には値段がつけられません。次にその家を使う人がここに住んでみたいと感じられる状態を保つ事も高額での売却に繋がる近道です。

 

キッチンの油染みは入念な拭き掃除で綺麗にする事が出来ますし、風呂場のタイルに残る小さな汚れやカビも拭き取る事が可能です。

今からでも出来るちょっとした努力が有利に働く場合もありますから、些細な物でも蔑ろにしてはいけません。

 

以上の事を意識して不動産売却に挑む事をお勧めします。

 

物件選びと引越しのコツ   

持ち家か賃貸はライフスタイルや価値観で選ぶ

読了までの目安時間:約 2分

 


持ち家と賃貸では当然の事ながら、どちらにもメリットやデメリットがあります。

 

まず、持ち家の一番のメリットと言えば自分達の財産になるという事です。
賃貸で家賃をずっと支払い続けるのならという考えから、持ち家を購入する方はたくさんいらっしゃいます。

 

中古住宅であれば新築の家を購入するより費用を抑える事ができますし、好きなようにリフォームをする事も可能ですから理想に近い言えば家が手に入るはずです。

 

次に持ち家のデメリットですが、一度家を購入すると簡単に動けなくなるという事です。
環境などに不満が無い場合には快適な生活をおくれますが、何らかの事情によって不満が出た場合にも我慢する事が必要になってきます。

 

もし持ち家を考えるならば事前に周りの環境などを調べて、暮らしに便利な場所かを判断する事をおすすめします。
つまり賃貸のメリットは都合に合わせて比較的、簡単に移動ができるという事です。

 

その時々の事情や気分によっても引っ越しを検討する事ができるのです。

そして、賃貸のデメリットはやはり家賃をずっと支払わなければならないという事になります。

 

どちらを選ぶかは、その方のライフスタイルや価値観によるはずです。

合理的という意味でも総合的にどちらを選ぶかは、ある程度先の事を考える必要があります。

 

老後をご家族でどのように考えているか、どのような暮らしが理想的なのかを話し合う事が大切です。

 

物件選びと引越しのコツ   

格安老人ホームはキャンペーンを利用するか、入居が進んでいない所を狙う

読了までの目安時間:約 2分

 


老人ホームに安く入居したいと思っているなら、まずはキャンペーンを利用した方がいいです。

キャンペーンと言っても、入居するために必要なお金を軽減してくれたり、色々な料金を減らしてくれるような所じゃないと駄目です。

 

本当に必要なお金を減らしてくれるような所を選ばない限り、思っていた以上に料金を減らすことができません。

そのためキャンペーン内容をしっかりと見て、その後で本当に料金を減らせるかどうか考えてください。

 

もう1つ料金を減らす方法があります。

それはあまり入居が進んでいない老人ホームを利用するというものです。

 

基本的に高齢者が増えている現状、老人ホームの空きというのは殆ど存在しないとも言われています。

しかし老朽化が進んでいるような場所や、警官が悪い等の理由で入居が進んでいない所も数多くあります。

 

こうした老人ホームは料金がどんどん安くなっているので、入居しやすい状態が生まれているのです。

これを利用することで簡単に料金を下げられます。

 

どちらにしろ調べておかないといけないので、出来る限り情報収集をしっかり行ってください。

情報を手に入れていないと、入居しづらい状態となってしまいますし、料金の高い所に入ってしまうことがあります。

 

これらの条件をしっかり見て、最終的に一番安くできそうだと思える老人ホームを選ぶことが望ましいでしょう。

後は満足できる所なのか、実際に見学して考えてください。

 

物件選びと引越しのコツ   

多彩なサービスに魅力がある引越し業者はどこか?

読了までの目安時間:約 2分

 


引っ越し業者は数多くありますが、昔から愛され続けている引っ越し業者の一つといえばアート引っ越しセンターです。

 

長年の実績のある老舗で大手ですので、引っ越しは安心して任せる事ができるでしょう。

アート引っ越しセンターといえば、何といっても無料サービスやオプションサービスの豊富さが魅力です。

 

中でも、ハウスクリーニングサービスは評判の良いサービスの一つです。
引っ越しの際の清掃って、意外に煩わしかったりしますよね。

 

引っ越し作業と一緒にクリーニングサービスまで行ってくれるので、お客様は新居の整理をするだけで良いのです。

また、無料で家具クリーンサービスも行っているので、新居に家具のホコリを入れずに済みます。

 

スタッフは新居に上がる前に靴下も履き替えているのです。
無料サービスの中には、引っ越し時の面倒な手続を全て代行してくれるサービスや、近所に挨拶品を配ってくれるサービスまであり、本当に至れり尽くせりなのです。

 

もちろん、引っ越しプランそのものも充実しており、予算に合わせたパックや、女性のお客様には女性の引っ越しスタッフが対応するプラン、高齢のお客様が安心して引っ越しできるプラン、学割で安くなるプランなど、お客様のニーズに合わせたプランが多く、自分にピッタリなプランを見つける事が出来るでしょう。

 

サービスの豊富さ、綺麗さ清潔さを求めるなら、アート引っ越しセンターが間違いないですね。

 

物件選びと引越しのコツ