不動産査定で失敗しないための注意ポイント

家を売りに出してから買い手が決まるまでの目安は2ヶ月~6ヶ月

読了までの目安時間:約 3分

 


●自宅を売却するには不動産一括査定のサービスを利用すると便利

 

ilm16_aa02063-s (1)

 

自宅を売却するためには、まず自分の家の価値がどのくらいあるかを調べる必要があります。

 

地元の不動産をあつかっている不動産屋に、自分が住んでいる地域で同じくらいの大きさの家がどのくらいで売買されているかを聞いてみるという方法で価格を知る事ができます。

 

また適当な情報が得られない場合には、不動産の価値を見積もってくれるサイトを利用する方法もあります。

 

このようなサイトでは複数の不動産会社から見積もりを取ることができます。

高く自分の家を販売してくれる会社がどこかも知る事ができるので、改めて不動産販売会社を探す手間がはぶけて便利です。

 

幾つか候補となる不動産会社を見つけたら、実際に家に来てもらって査定をしてもらいます。

この時に自分の条件にあった不動産会社を選び、売買を依頼すればよいのです。

 

不動産会社を選ぶ際は価格の面だけではなく、売却に関しての希望を良く聞いてくれるか、信頼できる不動産会社かなどを良く見て決めましょう。

 

依頼した不動産会社が買い手の募集活動をするので、買い手が見つかったら改めて売買契約を結び家を売却するという流れになります。

 

この間家には購入希望者が見学に訪れます。

掃除をきちんとして清潔にしておくことや、住みやすい印象を与えると、より早く家を売る事ができます。

 

家を売りに出してから買い手が決まるまでには、平均して2ヶ月から6ヶ月かかると想定しておきましょう。

 

新しい家に移る時期から逆算して、家の売却時期を考える必要があります。

家の売却を急ぐ場合には、相場より安く価格設定する事が多いので、できるだけ高く家を売りたい場合には余裕をもって売りに出す事が必要です。

 

不動産査定の事前知識   

この記事に関連する記事一覧